デモトレードではじめるFX

FXはまずはデモトレードから!

FX投資を始めようとしている初心者の方は、特に注意して欲しい事があります。

それはいきなりぶつけ本番でリアル取引をしないことです!
FX関連の書籍やネットで実際FXをやっている人の話を聞くと、思ったより簡単ですぐに儲かってしまうような錯覚に陥ってしまいますが、実際はそんな甘いものではありません。

投資を始めてから数ヶ月は石橋を叩いて渡るくらいがちょうどいいようです。
まず、取引するFX会社を決めて口座を作っておくことはいいのですが、まずはFXトレードの練習をしてみましょう。

バーチャル取引のデモトレードでFX取引をリアルに感じてみましょう。
取引自体は本番となんら代わりはありませんが、仮想マネーでの取引なのでどれだけ損をしても危機的状況になることはなく一銭もかからないのです。

バーチャルFX取引とはいっても金銭の動きはないものの、取引で上位に入ると豪華賞品が用意されているFX会社があったりしますので楽しみながらFXが上達できます。

バーチャルFX取引で人気No.1の外為どっとコムは高級外車が貰えたり海外旅行など、DMMFXなんかは成績優秀者に賞金100万円以上進呈などバーチャルとは思えないほどの内容。こんな豪華賞品がかかっているなら本番さながら張り切ってトレーニングできますよね。

FX会社の申込

FX会社に口座開設をするときに申し込んだ際には審査があります。FX会社各々で決められた審査基準をクリアしなければ口座開設&FX取引はできないのです。

審査基準といっても一般的にはそんなに難しいものではなく、絶対条件は日本国内に在住してる満20歳以上の成人であると事だけです。
なので成人していればよっぽどの事がないかぎり審査に落ちるなんてことは無いはずなのですが、人によっては、条件から離れすぎていて審査に落ちることもあるようです。

落ちやすい条件として考えられることは、口座開設する本人がメールや電話に応対できない、金融資産が全く無い、投資経験ゼロなどがあるようです。また、現在無収入や投資に厳格な会社など審査で落とされることがあるようです。

「厳格な会社」って何?と思うのですが、これは口座開設したいと思っている会社のことです。歴史ある厳格な雰囲気の会社だったりすると会社独自の設定している条件が厳しすぎて、他の会社じゃ通るような条件でも落とされてしまうなんてことがあるようです。

でも、基本的に買い手市場の金融戦国時代の今、様々なサービスを謳って顧客が欲しい会社ばかりです。ある程度常識的な条件を満たしていれば落とされるなんてことは滅多にないでしょう。

FXの情報収集

FX取引は文字通り為替取引の一種ですから、日々相場が変動するのはごく当然のことです。

またそれと同時に、FXに関わる情報も常に様変わりし、その時その時のトレンドをいち早く収集することが、FX勝利の一つのカギとなります。言い換えるならば、FXに関する情報をいち早く収集しなければならないということです。

FXの情報をいち早く収集するのに最適なのは、各ネットサイトです。
とりわけFXの為替情報を主に取扱うサイトを毎日チェックすることによって新鮮な情報をゲットすることが可能です。
FXサイトなら何でも良いというわけではありません。FX情報を正確に発信する、優良サイトでなければ意味がありません。

確かな情報を収集できるサイトを見つけたら、必ずお気に入りやブックマークに入れましょう。
可能ならブラウザのメインのホームページにしても良いかもしれません。

いずれにしろ毎日チェックすることが大切です。情報というのは生肉と一緒で、時間が少しでも経ってしまうと「腐って」しまうのです。新鮮な情報がより大切なこと、肝に銘じておきましょう。